成人式では、写真館などで写真を撮るという人も多いでしょう。そのときには、プロによるメイクをしてもらえるのですが、自分の好みに合っているかどうかまではわかりません。出来上がったら、かなり不満だったというケースもあります。成人式は、生涯1度しかありません。そこで、写真映えするメイク方法について詳しく解説します。

・自分の地肌に近いファンデーションをつける

勘違いしがちなのが、肌を少しでも良く見せたくて、明るい色のファンデーションを使うことです。
ファンデーションが明るすぎると白く浮き上がってしまい、写真写りが悪くなってしまいます。ファンデーションを選ぶときには、首と同じ色を意識するようにしましょう。また、パウダータイプのファンデーションよりも、リキッドタイプの方が肌に馴染みやすく、よりナチュラルな肌に写りやすくなります。

・アイメイク

写真を撮ったときに、眉の色が薄いと飛んでしまうことがあり、綺麗に写らないこともあります。目元をはっきりくっきりと見せるためには、眉はとても大切な部分です。眉を描くときには、やや太めにくっきりと描くといいでしょう。
眉をしっかりと描くことにより、目元が強調されて、パッチリとした目に見えます。

・リップ

リップを塗る時には、輪郭をくっきりさせることを意識しましょう。輪郭がぼやけてしまうと、口許が魅力的に見えなくなってしまいます。
大人っぽさを強調したいときには赤を、清楚さや上品さを出したいならピンクや、ブラウン系を意識しましょう。

成人式の写真では、振り袖ばかりに意識がいってしまうという人もいますが、メイクが合っていなくては全体がぼやけてしまいます。また、写真映えするメイクでなくては、色が飛んでしまったり、本来の美しい色が出ないということもあります。
成人式の写真を撮る前に、自分でメイクをする時には、どのような色や塗りかたが自分にあっているのかなどについて詳しく知ることが必要です。